読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

私の夢

鍼灸
鍼を触りました - オルペミの日記

将来の事を考えてみては?鍼だけでは、趣味にするならいいけど仕事にするには狭すぎる分野。というのも親戚が、鍼灸の4年制大学を出て整体の資格までとってやっと開業しても飽和状態の業界に苦戦してるから。

2016/04/19 07:19


将来の事を考えてみては?鍼だけでは、趣味にするならいいけど仕事にするには狭すぎる分野。というのも親戚が、鍼灸の4年制大学を出て整体の資格までとってやっと開業しても飽和状態の業界に苦戦してるから。 - fumikef のコメント / はてなブックマーク

 

一般的に正しいご意見だと思います。

卒業してはり師きゅう師の国家試験を合格しただけで、患者が来る鍼灸院を作るのは不可能です。


鍼が、一般的に信用されない理由は、効かない鍼灸院が多いからだと思います。(流行らない鍼灸院の理由は他にもありますが。)

効かないのは、勉強不足だからだと思います。

自分を過信せず、研究と鍛錬を続けられる精神力があれば信用される鍼治療ができるのではないか、と考えています。

学校に入って分かったことは、医療関係者の同級生が多いことです。

つまり、なにか別の…按摩とか整体だとかの技術を身につけたところで、ライバルの数は減りません。

ついでに言うと、クラスは定員割れしてます。厳しい現実を知り、諦める人も多いでしょう。


私が、鍼を勉強する意味は、お金じゃないのです。結果、お金がもらえればいいですが。私が人生をお金目当てで生きるなら、そもそも離婚してないでしょう。他人も羨む某有名企業に勤める夫でした。

私の個人的な夢は、師匠である先生を治療することです。

そして壮大な夢もあります。

今の世の中は、病院で治らなくて最後の頼みの綱として鍼灸院に来る場合が多いです。でも、私はそれを逆にしたいです。鍼灸院で治らない病気のとき病院に行く世の中にしたいのです。

師匠はお金に困らず、たいした宣伝もしなくても患者さんが来ます。しかも師匠は、ちょっと口ベタです。だから、技術のみで患者が来ます。

私が師匠の技術を完全再現できるのか、それは不安ではあります。でも、そこは私の営業力でカバーできると思ってます。


実現に向けて頑張ります。

今はまず、基礎を覚えるときです。

他の技術を勉強するなんて私には早すぎます。