読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

嫌なときこそしっかりがんばる時、勝負時なんです

日常の日記

本田宗一郎の感想文を手伝うことになって、格言集のような本を私も読んだ。

朝7時に読んで、すでに夕方だけれど・・・

まだ興奮が止まらない。

 

「嫌なときこそしっかりがんばる時、勝負時なんです」

という言葉が気に入った。

 

嫌なとき、つらいとき、人は逃げようとする。それは誰でも同じこと。

そこで逃げない人が、他の人とは違う結果を生み出せるのだろう。

 

4月になって入学式も終わり、学生証も受け取った。

これから、昼は日本語教師、夕方から鍼灸学校の学生、休日はレストランでアルバイトというハードスケジュールが待っている。

 

すぐにフラれるかなと思ったスリランカ人の彼氏とも続いている。

うまくいかなくても、(占いによれば)どうせ長続きしない、と思っているのが逆にいいのかもしれない。

 

いろいろあるだろうけど、逃げずにがんばりたい。