読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

もしかしたら鍼でフェロモンが出るかもしれない。

鍼灸 鍼灸-鍼灸院にて
生理の調子が悪い。
若干、周期が長くなり、前に比べ黒くなった。
それで、久しぶりに腸骨筋に鍼をやってもらった。
あおむけで、鍼を刺されるのは怖い。約10センチほどの鍼が体に入る。
「わーっ!待って!待って!」
大騒ぎのあと、覚悟を決める。
緊張のあまり体が硬くなり、うまく刺さらなかった。1本だけ、うまく入った。
鍼をとったあと、子宮のあたりの何かがポコポコ動いた。

寝ようとしたら、「ご飯食べてくる」と先生が言った。0時を過ぎていた。何かの冗談かな?と思ったけど、本気みたいだった。5秒くらい無言で立っていたから、私も食べると言ってついて行った。
ステーキを食べた。
帰りにおいしかったーと言ったら、俺はあんまり…と先生は言っていた。
そのあと、すぐ寝るのは体に悪いからと、映画を見た。(夜中のステーキが一番体に悪い気がするけど。)
「スノーピアサー」怖いけど面白かった。拷問シーンで、先生に抱きついた。考えてみれば、こんなふうに女っぽい態度は、私は珍しい。先生の行動も思い出してみれば、私の手を触ったり、お腹を触ったりスキンシップが増えた。

もしかしたら、腸骨筋の治療でフェロモン出ているのかなぁ、と先生に言ったら鼻で笑われた。
私はけっこう本気で思っているんだけどなぁ。

翌日は首から腰までバッチリ鍼をやってもらった。

先生がやさしい。
やさしさにおぼれそうだ。