読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

拳法

鍼灸 鍼灸-鍼灸院にて
先週、私が髪を切ろうかなと言ったら、先生が、切ったらブサイクになるよと言った。先生は冗談のつもりかもしれないけど、私はショックだった。
眠れなくなった。
もう会いたくないと思ったけど、脚が痛くて、先生に会いに行った。

先生は、珍しく店の前で待っていた。先生なりに、私を心配していたのかもしれない。

先生が元気だった。
拳法をやったからかも、と言っていた。
私が鍼灸院を継いだら、先生は韓国に行って拳法を勉強したい、と言っていた。
先生の話はコロコロ変わるから、最近は信用してない。
先生が、久しぶりに「バンバン鍼をやろう」と言った。本当に元気。
脚が冷たかったから、電気毛布で温めてもらう。これから私の体に刺さる針を眺めた。思ったより細い。
体が温まったところで、刃針(はばり)をやってもらうと、ブチブチと繊維を切る音がする。でも先週よりは痛くなかった。抜くときも、思ったより痛くなかった。体を温めたからなのか、治ってきたからなのか。
治ってきたんじゃないか、と先生に励まされた。
先生は、とにかく優しかった。口が悪いのに寂しがり屋だ。
来週の木曜日は仕事だから、水曜日の足の治療はできない…。