読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

誤用、日本語の乱れについて思うこと

日本語教師 日本語教師-日本語教育能力検定試験

f:id:olpemi:20160117132136j:plain

 

 

ユーリオさんのブログを見て思ったこと。

www.ishikawayulio.net

 

聞いていてムズムズする誤用ってある。

これを「日本の乱れ」、つまり悪いこととしてとらえるか、

それとも「日本語の変化」として新しい意味が生まれたことを喜ぶべきか。

いつも、葛藤している。

 

私の個人的な意見だけれど、「敷居が高い」を高級すぎて入れないと表現するのは、いまだに慣れない。どこかむずがゆいような気持ちになる。

でも文化庁のページを見ると、平成20年度でこの結果だ。

(5)敷居が高い
〔全体〕
 本来の意味である(ア)「相手に不義理などをしてしまい,行きにくい」と答えた人が4割台前半,本来の意味ではない(イ)「高級過ぎたり,上品過ぎたりして,入りにくい」と答えた人が4割台半ばとなった。また,「(ア)と(イ)の両方」と答えた人の割合は,今回調査した五つの問いの中で最も高く,1割強であった。

平成20年度「国語に関する世論調査」の結果について|文化庁

 

文化庁の「ことば食堂へようこそ!」動画

www.youtube.com

 

現在は平成28年。今もテレビや日常生活で本来の意味とは違う意味で使われている。ここまでくると意味がひとつ増えたと言えるのではないだろうか。

だから、いくら私がムズムズしても「それ誤用だよ」ということのほうが間違いなんじゃないかと思っている。

 

そんな私だけれど、「ら抜き言葉」は許している。

Facebookで、「テレビ買ったよ。やっと見れる。」とら抜き言葉で書こうとした。

でも、投稿前に迷った。

私はFacebookで日本語を学ぶ学生と友達だ。 学校の先生として大丈夫だろうか?

しかし、「やっと見られる」と変えて投稿したら、まるで私らしさがない。

「やっと見(ら)れる」にしようか?と馬鹿な考えまで頭をよぎった。

 

ふつうは人が話す時、誰に向けて話しているか分かっている。

だから、正しく自分の気持ちを理解してもらえるか、ある程度は想像できる。

でも、Facebookは、誰が見るかわからない。学生が、母国の日本語学校の先生に見せるかもしれない。

結局、私は自分らしさより、日本語教師としての自分をとって「見られる」と書いた。

とても窮屈な気持ちになった。

でも、Facebookは学生から信頼を得るため、仕事でやっているから仕方ない。

 

Facebookでさえそうなのだから、ブログはもっと難しい。

自分の意志を正しく伝えるには、なるべく誤用と思われる使い方は避けたほうがいいと思う。

でも、だれかが間違った時「誤用だ!」と、そればかりに集中するのもどうかと思う。

書き手は、誤用について語りたいわけじゃない・・・はずだ。

顔も見えないもの同士の意思疎通はむずかしいのだから、相手が何を言いたいのか読み解く必要があるんじゃないか。

 

久しぶりに、仕事以外で日本語のことを考えました。

ちなみに、こういう話を考えることは「日本語教育能力検定試験」の受験時に役立ちます。