読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

落窪物語の魅力

日常の日記

源氏物語は有名だけど、全部読んだ人がどれくらいいるだろうか。

大人になると、老いていく源氏と、その妻たちに共感する。舞台は遠い過去でも、人の琴線は変わらないのかもしれない。
 
でも、とにかく長すぎる。現代語訳はいろいろあるが、5〜10巻はある。

 

 

 

源氏物語―付現代語訳 (第1巻) (角川ソフィア文庫)

源氏物語―付現代語訳 (第1巻) (角川ソフィア文庫)

 

 

 

 

玉上琢弥の現代語訳は意訳少なめでいい。しかし、はじめて古典を読む人には勧めにくい。いきなり10巻買えなんて言えない。
 
そこで、勧めたいのが『落窪物語』だ。
とりあえず、短い。1冊だ。
落窪物語の魅力は、泥くささだと思う。
姫に会う途中に泥棒に間違えられて、転んで泥だらけになる…とか。
姫を襲おうとしたおじいさんが下痢になる…とか。
源氏物語には、ありえない。
 
いじめられた姫の代わりに男主人公が継母に復習するシーンは力強く見応えがある。
 
現代語訳は田辺聖子の作品が秀逸だ。田辺聖子の文体と落窪物語が、ぴったりと合っている。
 
日本版シンデレラ物語、ぜひ読んでみてもらいたい。
 

 

 

 

おちくぼ姫 (角川文庫)

おちくぼ姫 (角川文庫)

 

 

 

 

ちなみに、この落窪物語は書き写す際に間違えたのかラストが2つ分かれている。どちらが好みか?いろいろ読み比べてみるのも面白い。
 
マンガもある。私の好きな山内先生。がっつり現代語で読みやすい。例えばチャラ男とか。おちくぼの姫君の強さとか描かれてない行間がよく表現されている。
女房のあこきの描かれ方は『なんて素敵にジャパネスク』の瑠璃姫に似ている。私が頭で描いていたあこきは、もう少し静かな人だった。まあ、漫画だし、誇張しているのだろう。

 

 

 

おちくぼ 1 (花とゆめCOMICS)

おちくぼ 1 (花とゆめCOMICS)

 

 

 

 

私の好きな氷室先生も現代語訳で出している。
でも、落窪物語に限っては、田辺聖子先生の方が雰囲気が合っている。

 

 

 

落窪物語 (少年少女古典文学館 3)

落窪物語 (少年少女古典文学館 3)

 

 

 

 

研究するなら、これも読まなければならない。

 

 

 

落窪物語・堤中納言物語 (新編日本古典文学全集)

落窪物語・堤中納言物語 (新編日本古典文学全集)

 

 

 

 

落窪物語をもっと知りたくなったら、これがオススメ。

 

 

 

王朝継子物語と力―落窪物語からの視座― (新典社研究叢書212)

王朝継子物語と力―落窪物語からの視座― (新典社研究叢書212)

 

 

 

 

 
作者不明の落窪物語。
源氏物語の対極にあるような雄々しさ。
たまには古典文学でも、いかが?