読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

おせちの記録

日常の日記
おせち作りは、私の趣味です。

f:id:olpemi:20151227010449j:image
これは2013年。

f:id:olpemi:20151227010908j:image
2014年。

f:id:olpemi:20151227011054j:image
2015年。離婚して、超ミニ。

もっと昔のもありました。
f:id:olpemi:20151227011220j:image
2012年。

f:id:olpemi:20151227011252j:image
2011年。

そして、以下は2008年。はじめてのおせち作りでした。父に食べてもらいました。懐かしい思い出です。伊達巻きも手作り。

f:id:olpemi:20151227011331j:image

f:id:olpemi:20151227011320j:image

栗きんとんはだんだんキレイな色に作れるようになりました。
ポイントは3つです。
・サツマイモの皮は、厚めに切る。皮は、大学芋で食べちゃう。
・サツマイモを水につけて、水が白くなくなるまで水を取り換える。
・クチナシの実を使う。

比べると2012年、2011年にあるウズラの卵は、簡単に華やかになるのでオススメですね。ピンク色は、紅生姜の汁に漬けるだけ。

今年の元旦は金曜日なので、鍼灸院に行きます。先生に、お弁当を持って行くと伝えたら「ミヨクク(牛肉とワカメのスープ」と「キムパッ(海苔巻き)」とリクエストがありました。
おせちは、カマボコ、伊達巻きと信田巻きぐらいにしようかと思います。それから自分の好物、栗きんとん。

というわけで、これが来年の準備。
日本の海苔とごま油でもキムパッは作れますが、少しでも先生に懐かしい味を感じてもらえるように選びました。
f:id:olpemi:20151227013653j:image
ごま油はオットギというメーカーです。わたし的には日本の味の素のような立ち位置の会社だと思います。料理初心者でも安定の味を作り出せそう。

先生からのリクエストは、うれしかったです。ワカメスープは、前回失敗したのでリベンジ!