読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

登山後の鍼

鍼灸 鍼灸-鍼灸院にて
f:id:olpemi:20151129214007j:image
学校の行事で、高尾山を引率しました。
そういう訳で、いつもは金曜日に鍼をしてもらうのですが、土曜日にしてもらいました。

不機嫌そうな先生でした。
脚が悪いのに山登りなんて、信じられない行為ですよね…。
でも、自分としては、短いコースでも2年振りの登山は嬉しかったです。

いつも脚に鍼をすると抜くときか痛いけれど、あまり痛くありませんでした。
諦めていたけれど、ようやくよくなってきたみたいです。
同時に、腰と背中もやってもらいました。
腰は、また悪くなっているみたいで、くすぐったくなりました。
背中は、耐えきれなくなり、すぐ抜いてもらいました。涙が止まりませんでした。

いろいろつらい一週間でした。

ここ最近、元カレから連絡が来ます。もう付き合う気がないと言われたのに、私が無視したら惜しくなったのか「付き合ってあげてもいい」と言い始めました。
付き合ったら、利用されるだけだと思います。

学校では、ありえない事件が起こりました。

鍼は、我慢していた涙を押し出しました。

先生に、幼児体型と言われました。
それを言われたことを夜中に思い出して、また泣きました。
背中を中途半端に刺激したせいで、精神状態が悪いです。
早くどうにかしたいです。

脚は調子がよくて、痛みは1日でなくなりました。