読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルペミの日記

鍼灸・日本語教師・放送大学。大人になってからの学問の道。

MENU

膝の裏の痛みと心の痛み

鍼灸 鍼灸-鍼灸院にて

数日前から左足の脚の膝の裏の辺りが時々痛みました。

いつも通り、金曜日に鍼灸院へ行きました。

先生に痛みを伝えると、

「ようやく治り始めて痛みがわかるようになったか」

と言われました。

ということで、今回も脚をメインにバンバン鍼をしてもらいました。

腰と首も少し。

一番痛いのは、脚の鍼を抜くとき・・・。

深いところだから、仕方ないと言われました。

身悶えをしたくなる痛さです。

それに、なかなか治らなくてくじけそうになります。

鍼をしてもらっても、数日で脚はパンパンにむくんで硬くなります。

腰と首はそれほど痛くないです。

しかし首の不快感も耐え難い。

涙が出て、死にたい・・・とつぶやいたり、感情のコントロールができなくなります。

鍼をとってもらうと安心します。まだ、首も治療が必要みたいです。

 

先週を振り返ると、冷静になったと思います。

始めて背中に鍼をしてもらったときは、2、3日ハイテンションでした。

それとくらべると先週は、火曜日ぐらいまで夜中に泣いたりして不安定な時期があり、その後はだんだん冷静になるという感じでした。

「自分を大切にする」という生き方のテーマを見つけてから、楽になったと思います。

元彼から連絡が来ても、大切にしてもらっていないと気が付いて連絡を絶つことができました。

それから、身なりを気をつけようと、冬のコートと新しいかばんを買いました。

そういう冷静さと余裕が自分に出てきました。

 

治療が終わって、1時間ぐらい寝てしましました。

先生とさよならをする夢を見ました。

「夢だから本当にならないよ。よかったね」と先生に言われました。

先生が、結婚したり彼女ができたら、はっきりと師匠と弟子の関係になります。

いつかは別れの日が訪れるのに、無責任なことを言うなぁ・・・と思いました。

 

そのあと、先生とパソコンで「トクス里の5兄弟(邦題:ダイナマイトファミリー)」という映画を見ました。

眠くても、目がさめるほどの面白さでした。

兄弟が団結して両親を探すミステリーコメディーです。

 

わたしは、こうやって寂しさを紛らしていますが、背中や首の治療が終わったら、先生のことがどうでもよくなるのでしょうか?

鍼に関しては尊敬しているので、どうでもよくなることはないとは思いますが・・・。

今はわかりません。

休日のほとんどを治療時間に使っているので、出会いもありません。

ただ素敵な人に出会ったとき、恥ずかしくない自分でいる努力はしよう、そうやって前向きに考えるようになりました。

そして、ちょっと先生に嫉妬をしてもらいたいです。

今はまだ、先生のことが好きみたいです。